FRIENDSを使った英会話練習課題集

FRIENDSを使って英語を話す練習をしよう!

『FRIENDS』(フレンズ)は、アメリカで1994年から2004年にかけて放送された大ヒットテレビドラマです。

練習方法

  • ①場面説明を読んで状況をイメージ(作品を見ておく方がもっと良い!)
  • ②課題のセリフ部を音読。日本語部分は、文脈に沿った自然な英語に瞬間英作文し、言ってみる。実際のスクリプトとピッタリ同じにならなくても気にしない!
  • ③同じスクリプトで、『問いかける系』と『応答する系』の2通り練習!
  • ④『問いかける系』、『応答する系』どちらかに実際の英語スクリプトが書いてあるので自分が作ったセリフと照らし合わせて違いを確かめて、学習を深める。

※課題のカテゴリ名『season〜』、『The One〜』やスクリプト中のフレーズなどをGoogle検索してみてください。該当の場面がYouTubeで見られる場合があります。

season6

The One With Rachel’s Sister

えー、やーだぁ、こんなの耐えられない!

Oh, this is just terrible.

2020/10/12

場面説明

妹のジルが、元彼ロスとデートへ!! 「やめて〜」と言うレイチェルの悲痛な思いとは裏腹に、事態はどんどん進展。夜、中々デートから戻らないロスとジル。「もー、何してんのよ、どーなっちゃってるのよー!!」と、その帰りをイライラしながら待っているレイチェル。さあ、その行方は?

『問いかける系』練習課題

「問いかけ」、「働きかけ」など、話しかける側の表現を中心に練習しよう!

モニカとチャンドラーのアパート。レイチェルが玄関から入って来る。何かに一点集中した顔をしている。彼女は小走りで、リビングの窓辺へと向うと、そこからロスのアパートを見やる。その窓を通してリビングが見える。灯りはついているが、誰の姿も見えない。(※ロスのアパートは、モニカとチャンドラーのアパートの向かい側の建物にある。彼らは、お互いを窓から見やることができる)

Rachel: [独り言]あんた、どうしてまだ帰ってないのよ。

Monica: (バスルームから呼びかける)誰かいるの?

Rachel: [バスルームのドアの方に振り返って]Oh yes, it’s me! Sorry!

Chandler: ([同じく]バスルームから呼びかける)何してんの、ここで?

Rachel: えー、ちょっと窓から外を見てるだけ。景色。あなたたちは、何やってるの?

Chandler: We got some Vap-O-Rub in some places.

Rachel: [再びロスのアパートを見やる]

レイチェルの視線の先。そこにあるロスの部屋の窓。その窓を通じて見えるロスのアパート内。ロスがジルと一緒に戻って来る。

Rachel: [窓にかじり付き](gasps)Oh, he brought her back to his apartment.

Monica: ([バスルームから出て]チャンドラーとリビングに入って来る。[2人ともバスローブ姿])誰を?(彼女は窓からロスのアパートを見やる)あれ、レイチェルの妹?

Rachel: Ugh, she is a slut!

Monica: God, Ross is on a date with your sister! How weird is that?!

Rachel: 嫌だ見て、彼、あの娘の服を脱がせてる。

Chandler: [も、同じくのぞいて]He’s taking off her coat!

(We see that Ross is taking off Jill’s coat.)皆んなの視線の先にあるロスのアパート内。そのリビング。ロスがジルのコートを脱がせている。

Rachel: Oh, this is just terrible.

Monica: Oh no it’s not, no it’s not. It’s a first date. I’m sure that nothing is gonna…(as she is talking we see Ross close his drapes.)

Rachel: [も、固まる]Oh….

Chandler: Ho-oh, he’s gonna get some!

Rachel: (She looks at Chandler.)

Chandler: [レイチェルの視線を感じ、慌ててフォローの言葉を続ける]…Of the glare from the streetlight out of his apartment. Y’know so umm, he’s closed the drapes there so he can have a nice, pleasant conversation with your little sister. (Pause) Well, I’m off to bed! (Goes to bed.)

『応答する系』練習課題

「反応」、「受け答え」など、応答する側の表現を中心に練習しよう!

モニカとチャンドラーのアパート。レイチェルが玄関から入って来る。何かに一点集中した顔をしている。彼女は小走りで、リビングの窓辺へと向うと、そこからロスのアパートを見やる。その窓を通してリビングが見える。灯りはついているが、誰の姿も見えない。(※ロスのアパートは、モニカとチャンドラーのアパートの向かい側の建物にある。彼らは、お互いを窓から見やることができる)

Rachel: [独り言]Why aren’t you home yet?!

Monica: (calling from the bathroom) Is someone there?

Rachel: [バスルームのドアの方に振り返って]ああ、私、ごめん。

Chandler: (calling from the bathroom) What are you doing here?

Rachel: Uh, I’m just, I’m just looking out your window. At-at the view. What are you guys doing?

Chandler: 塗る風邪薬をある場所に塗ってる。

Rachel: [再びロスのアパートを見やる]

レイチェルの視線の先。そこにあるロスの部屋の窓。その窓を通じて見えるロスのアパート内。ロスがジルと一緒に戻って来る。

Rachel: [窓にかじり付き](ハッと息を飲んで)ロスったら、あの娘を部屋に連れこんだわ。

Monica: ([バスルームから出て]entering with Chandler) Who? (She looks out the window at Ross’s apartment) Is that your sister?

Rachel: あー、ホントにあの娘”あばずれ”ね。

Monica: えー、兄さんがレイチェルの妹とデートなんて変よ!

Rachel: Oh my God, look-look he’s taking off her clothes!

Chandler: [も、同じくのぞいて]彼は、”コート”を脱がせてやってるの。

(We see that Ross is taking off Jill’s coat.)皆んなの視線の先にあるロスのアパート内。そのリビング。ロスがジルのコートを脱がせている。

Rachel: えー、やーだぁ。[吹き替え=やーだぁ、こんなの耐えられない。]

Monica: じゃないって、じゃないわよ。初めてのデートだもの、絶対何も…[言葉が止まる。その視線の先、ロスがカーテンをサッと閉める。]

Rachel: [も、固まる]あ…。

Chandler: ホーホホー、あいつは、いくらかゲットしようってわけだな!

Rachel: (彼女はチャンドラーの方を見る)

Chandler: [レイチェルの視線を感じ、慌ててフォローの言葉を続ける]…アパートの外の街灯の眩しさをだよ…ほら…で、奴はカーテン閉めたわけだ…奴が君の妹と素敵で楽しい会話を持てるようにって。(一瞬の間)さあ、ベッド行くわ。[吹き替え=さあ、寝よ](ベッドへ向かう)

Thank you for coming!

FRIENDSを見たのがきっかけで本格的に英会話の練習をするようになりました。FRIENDSを見ながらセリフをリピートする、という練習を、もうかれこれ5年以上続けています。このサイトはseason6を練習している最中に始めたので、season6から始まっていますが、行く行くはseason1~season10とすることを目標にしています。どうぞ宜しくお願いします。

タカユキ

タカユキ…パソコン仕事人 。京都で、編集、DTP等の現場経験後、日本の伝統衣装、小物制作現場で活動。現在、次なる活動フィールドを模索中。メッセージ、ご連絡はこちらからお願いします。

FRIENDS英語のことなら
シットコムで笑え!
海外ドラマ「フレンズ」英語攻略ガイド

をチェック!!

FRIENDSの英語について詳しい解説が欲しくなったら是非上記サイトをチェックしてみてください。season1からseason10まで、その英語について細かく丁寧に解説されています。長年かけて蓄積された圧倒的情報量が、きっとあなたの英語の練習の役に立ちます!

京都で英会話スクールに行くなら
English Buffet(イングリッシュバフェ)がお勧め!!

私も通っています。English Buffetという名称が表す通り、バイキング料理みたいな方式の英会話スクールです。ユニークなクラスが色々開設されていて、その時の能力や興味に応じて、自分で好きなようにメニューを組み立て、受講できます。英語を教える事が楽しくて仕方ない先生たちが、とても誠実に運営されていて、間違いなくお勧めの英会話スクールです。