FRIENDSを使った英会話練習課題集

FRIENDSを使って英語を話す練習をしよう!

『FRIENDS』(フレンズ)は、アメリカで1994年から2004年にかけて放送された大ヒットテレビドラマです。

練習方法

  • ①場面説明を読んで状況をイメージ(作品を見ておく方がもっと良い!)
  • ②課題のセリフ部を音読。日本語部分は、文脈に沿った自然な英語に瞬間英作文し、言ってみる。実際のスクリプトとピッタリ同じにならなくても気にしない!
  • ③同じスクリプトで、『問いかける系』と『応答する系』の2通り練習!
  • ④『問いかける系』、『応答する系』どちらかに実際の英語スクリプトが書いてあるので自分が作ったセリフと照らし合わせて違いを確かめて、学習を深める。

※課題のカテゴリ名『season〜』、『The One〜』やスクリプト中のフレーズなどをGoogle検索してみてください。該当の場面がYouTubeで見られる場合があります。

season6

The One With The Routine

ロスとモニカがお立ち台で大興奮!

RossandMonica,whoarefinallyonaplatform!(&joey’sdestiny)

2019/12/14

場面説明

年越し特別テレビ番組(Dick Clark’s New Year’s Rocking Eve)の撮影スタジオ。エキストラ出演しているロス、モニカ、ジョーイ、ジャニーン。ロスとモニカは、お立ち台に上がれて大はしゃぎ!!ダンスホールでは、ジョーイが ジャニーン とのキスの瞬間を待ち構えている。

『問いかける系』練習課題

「問いかけ」、「働きかけ」など、話しかける側の表現を中心に練習しよう!

撮影スタジオセット、そのお立ち台。ロスとモニカがいる。

Ross:信じられる?ニューミレニアムの瞬間にお立ち台だぞ。

Monica: I know! ねえ、あのルーティーン[ダンスルーティーン]練習してなかったでしょ。

Ross:No!

Monica:Me too!

Ross:ねえ、音楽が再開したらさ、僕考えてるんだけど、ロボット[ダンス]に行こうかなって。ほら(彼はロボットを真似る)。

Monica:Ross, I think we should stick to the routine, we don’t wanna look stupid!

同スタジオセット、そのダンスホール。大勢のエキストラの中に、ジョーイとジャニーンもいる。

Director:よーし、戻ったよー[再開しまーす]。残り10秒![10秒前!]、さあ、行こう!10、9、8、7…。(He continues to count as we hear Joey think)

Joey:[心の声]よし、すべてこれにかかってるんだ。何が起こっても、起こる 。運命。

All:[演者たちのカウントダウンの声]Three, Two, One!

Director:Cut![カットがかかり、ジョーイはジャニーンとキスできずに終わる]

Joey:No! Year! Happy No Year!

Director:Okay, here’s where we go to the live shot of Times Square,良いできでしたよ、みなさん。おしまいです![ここまでが録画取りで、その先は、年越し当日にタイムズスクエアで生中継する手筈になっている]

『応答する系』練習課題

「反応」、「受け答え」など、応答する側の表現を中心に練習しよう!

撮影スタジオセット、そのお立ち台。ロスとモニカがいる。

Ross:Can you believe this? We’re gonna be no the platform for the Millenium moment!

Monica: ほんと! Hey, you haven’t been practicing the routine, haven you?

Ross:してないよ!

Monica:わたしも!

Ross:Hey, when the music starts up again, I was thinking of maybe going into the robot. y’ know?(He mimics a robot)

Monica:Ross, ロス、私はルーティーンを堅持すべきだと思うわ、馬鹿っぽくなりたくないもの。

同スタジオセット、そのダンスホール。大勢のエキストラの中に、ジョーイとジャニーンもいる。

Director:Alright we’re back! Ten seconds left here we go! Ten! Nine! Eight! Seven!(He continues to count as we hear Joey think)

Joey:[心の声]Okay, it all comes down to this. Whatever happens, happens. Destiny.

All:[演者たちのカウントダウンの声]Three, Two, One!

Director:Cut![カットがかかり、ジョーイはジャニーンとキスできずに終わる]

Joey:ノー!めでとう!新年おめでとう!

Director:Okay, here’s where we go to the live shot of Times Square, nice work everyone that’s a wrap![ここまでが録画取りで、その先は、年越し当日にタイムズスクエアで生中継する手筈になっている]

Thank you for coming!

FRIENDSを見たのがきっかけで本格的に英会話の練習をするようになりました。FRIENDSを見ながらセリフをリピートする、という練習を、もうかれこれ5年以上続けています。このサイトはseason6を練習している最中に始めたので、season6から始まっていますが、行く行くはseason1~season10とすることを目標にしています。どうぞ宜しくお願いします。

タカユキ

タカユキ…パソコン仕事人 。京都で、編集、DTP等の現場経験後、日本の伝統衣装、小物制作現場で活動。現在、次なる活動フィールドを模索中。メッセージ、ご連絡はこちらからお願いします。

FRIENDS英語のことなら
シットコムで笑え!
海外ドラマ「フレンズ」英語攻略ガイド

をチェック!!

FRIENDSの英語について詳しい解説が欲しくなったら是非上記サイトをチェックしてみてください。season1からseason10まで、その英語について細かく丁寧に解説されています。長年かけて蓄積された圧倒的情報量が、きっとあなたの英語の練習の役に立ちます!

京都で英会話スクールに行くなら
English Buffet(イングリッシュバフェ)がお勧め!!

私も通っています。English Buffetという名称が表す通り、バイキング料理みたいな方式の英会話スクールです。ユニークなクラスが色々開設されていて、その時の能力や興味に応じて、自分で好きなようにメニューを組み立て、受講できます。英語を教える事が楽しくて仕方ない先生たちが、とても誠実に運営されていて、間違いなくお勧めの英会話スクールです。