FRIENDSを使った英会話練習課題集

FRIENDSを使って英語を話す練習をしよう!

『FRIENDS』(フレンズ)は、アメリカで1994年から2004年にかけて放送された大ヒットテレビドラマです。

練習方法

  • ①場面説明を読んで状況をイメージ(作品を見ておく方がもっと良い!)
  • ②課題のセリフ部を音読。日本語部分は、文脈に沿った自然な英語に瞬間英作文し、言ってみる。実際のスクリプトとピッタリ同じにならなくても気にしない!
  • ③同じスクリプトで、『問いかける系』と『応答する系』の2通り練習!
  • ④『問いかける系』、『応答する系』どちらかに実際の英語スクリプトが書いてあるので自分が作ったセリフと照らし合わせて違いを確かめて、学習を深める。

※課題のカテゴリ名『season〜』、『The One〜』やスクリプト中のフレーズなどをGoogle検索してみてください。該当の場面がYouTubeで見られる場合があります。

season6

The One With The Apothecary Table

あの薬剤師のテーブルは本物だもんね。

But at least the apothecary table is real.

2020/02/02

場面説明

ロスの策にハマってしまい、フィービーをフリーマーケットに連れて行くハメになってしまったレイチェル。当のフリーマーケットは自分が作り出した架空のものなので、フィービーを連れて行きようもなく、やむを得ず、どこか適当なフリーマーケットに連れて行くのだが、もちろん、そこには、フィービー期待のステキなアンティークは並んでいるはずも無く…。ガックリ肩を落とした二人がトボトボと引き揚げてきたその帰り道、レイチェルは最大のピンチに襲われる!!

『問いかける系』練習課題

「問いかけ」、「働きかけ」など、話しかける側の表現を中心に練習しよう!

街角。フリーマーケットからの帰り道。その歩道。フィービーとレイチェルが歩いている。歩道沿いにはファッショナブルなショーウィンドウが並んでいる。その中にはポタリーバーンのそれもある。

Rachel: Pheebs, I don’t know what to say. 私思うんだけど、あのフリーマーケット、もっと良かったのよ、前は。

Phoebe: Well at least I got these sheets for Ross.

Rachel: Yeah.

(They walk by a Pottery Barn window display.)

Phoebe: ウー、見て、ポタリーバーンよ、ウェー。

Rachel: Yeah, ねえ、そんなの見ないで[レイチェルはここで、ハッとする。ディスプレイは二人のリビングそのものである]マジで、見ないで。 (Tries to pull Phoebe away.)

Phoebe: No! Look-look! There’s the coffee table they stole from us!

Rachel: Ugh, those bastards! Let’s go.

Phoebe: ね、あの扇風機、なんかうちのに似てる。それに鳥籠も、それから…!ちょっと待って、これってうちのリビングそのものじゃない!

Rachel: No! No! No! No it’s not! No it’s not! Come on! Phoebe, うちのとは全然違うって! つまり、私たちはさ、その、[レイチェルは、話しながら自分たちのリビングとの違いを見つけようと必死にディスプレイを観察する]私たちは…あのランプ持ってないし! それから、えっと、あの間仕切りは、ね、[私たちのとは]反対側にあるし。

Phoebe: [フィービーはここでようやく気づいて]アーッ、これがその場所なんだ、あなたが、うちのもの全部を買った所って、ポタリーバーンなんだ、アー何てことよ!。

Rachel: Okay! Okay-okay look—no I did, I just wanted this stuff and I know how you feel about Pottery Barn. Just… ねーお願い、怒らないで。

Phoebe: No-no-no, but I am mad! I am mad! だってこれって、世界の間違い全てなのよ!しかもそれが全部うちのリビングに鎮座してるのよ!なのに、私が考えられる全てのことって言ったら、どうしてあのランプがないの、ってことなんだから!

Rachel: ね、だったらさ、買っちゃえば、そのランプ! ほら、あの60ドルがあるじゃない、ロスからの[預かった]やつ。

Phoebe: I can’t! I can’t! 但し…、ねえ、あなた出て行くとでも言うの?もし…もしも私があのランプ買わなかったら。

Rachel: What?! No! I’m not gonna move out!

Phoebe: [“yesと言いなさい”と言うアクションを入れつつ、もう一度言う]でも、あなた、あの部屋を出て行くって言ってるの[よね]?もし私があのランプ買わなかったら。

Rachel: (gets it) Oh. Yes! I would so move out!

Phoebe: そう、じゃ、仕方ないわね、私はあのランプ買わなきゃならないわ!

Rachel: That’s right!

(They start to go inside.)

Phoebe: でもさ、少なくともあの薬剤師のテーブルは本物だもんね。

Rachel: …[呆気にとられ、コンマ数秒固まる]

『応答する系』練習課題

「反応」、「受け答え」など、応答する側の表現を中心に練習しよう!

街角。フリーマーケットからの帰り道。その歩道。フィービーとレイチェルが歩いている。歩道沿いにはファッショナブルなショーウィンドウが並んでいる。その中にはポタリーバーンのそれもある。

Rachel: フィーブ[フィービー]、何て言ったら良いやら[残念ね]。 I guess the flea market was just better last time.

Phoebe: Well at least I got these sheets for Ross.

Rachel: そうね。

(They walk by a Pottery Barn window display.)

Phoebe: Uck, look at this! Pottery Barn, yuck!

Rachel: Yeah, y’know what? Don’t look at it. (Realizes the display is their living room) Seriously, don’t look at it. (Tries to pull Phoebe away.)

Phoebe: No! Look-look! There’s the coffee table they stole from us!

Rachel: あー、 こいつら最低! 行こう。

Phoebe: That fan kinda looks like ours. And the birdcage and the…wait a sec! This is our exact living room!

Rachel: えー違う違う、それは違うわよ!しっかりしてよ[とか、「勘弁してよ」とか「お願いよ」的なフレーズ]フィービー、 ours is totally different! I mean we don’t have the… (Looks desperately for something different.) We don’t have the…that lamp! And-and that screen is y’know, on the other side.

Phoebe: Oh my God. This is where you got all our stuff, Pottery Barn! Oh my God!

Rachel: わかった、そうよ、そうなの、私、ポタリーバーンで買いました。私、ホント、欲しかったのよ、ここのものが、でも私、わかってたから、あなたがポタリーバーンのこと、どう思ってるか、だから、つい… Come on don’t be mad.

Phoebe: No-no-no, but I am mad! I am mad! Because this stuff is everything that is wrong with the world! And it’s all sitting up in my living room and all I can think about is how I don’t have that lamp!

Rachel: Well then honey, buy the lamp! Hey, we have that 60 bucks from Ross.

Phoebe: I can’t! I can’t! Unless… Well are you saying that-that you would move out if-if I didn’t buy that lamp?

Rachel: え、ないわよ[そんなこと]、私は出て行かないわ!

Phoebe: [“yesと言いなさい”と言うアクションを入れつつ、もう一度言う]But are you saying that you would move out if I didn’t buy that lamp?

Rachel: (gets it[フィービーの意図することに気づく]) あ、そうよ!私絶対出てくわ!

Phoebe: Okay then I don’t have a choice! I have to buy that lamp!

Rachel: That’s right!

(They start to go inside.)

Phoebe: But at least the apothecary table is real.

Rachel: …[呆気にとられ、コンマ数秒固まる]

Thank you for coming!

FRIENDSを見たのがきっかけで本格的に英会話の練習をするようになりました。FRIENDSを見ながらセリフをリピートする、という練習を、もうかれこれ5年以上続けています。このサイトはseason6を練習している最中に始めたので、season6から始まっていますが、行く行くはseason1~season10とすることを目標にしています。どうぞ宜しくお願いします。

タカユキ

タカユキ…パソコン仕事人 。京都で、編集、DTP等の現場経験後、日本の伝統衣装、小物制作現場で活動中。

FRIENDS英語のことなら
シットコムで笑え!
海外ドラマ「フレンズ」英語攻略ガイド

をチェック!!

FRIENDSの英語について詳しい解説が欲しくなったら是非上記サイトをチェックしてみてください。season1からseason10まで、その英語について細かく丁寧に解説されています。長年かけて蓄積された圧倒的情報量が、きっとあなたの英語の練習の役に立ちます!

京都で英会話スクールに行くなら
English Buffet(イングリッシュバフェ)がお勧め!!

私も通っています。English Buffetという名称が表す通り、バイキング料理みたいな方式の英会話スクールです。ユニークなクラスが色々開設されていて、その時の能力や興味に応じて、自分で好きなようにメニューを組み立て、受講できます。英語を教える事が楽しくて仕方ない先生たちが、とても誠実に運営されていて、間違いなくお勧めの英会話スクールです。