FRIENDSを使った英会話練習課題集

FRIENDSを使って英語を話す練習をしよう!

『FRIENDS』(フレンズ)は、アメリカで1994年から2004年にかけて放送された大ヒットテレビドラマです。

練習方法

  • ①場面説明を読んで状況をイメージ(作品を見ておく方がもっと良い!)
  • ②課題のセリフ部を音読。日本語部分は、文脈に沿った自然な英語に瞬間英作文し、言ってみる。実際のスクリプトとピッタリ同じにならなくても気にしない!
  • ③同じスクリプトで、『問いかける系』と『応答する系』の2通り練習!
  • ④『問いかける系』、『応答する系』どちらかに実際の英語スクリプトが書いてあるので自分が作ったセリフと照らし合わせて違いを確かめて、学習を深める。

※課題のカテゴリ名『season〜』、『The One〜』やスクリプト中のフレーズなどをGoogle検索してみてください。該当の場面がYouTubeで見られる場合があります。

season6

The One With The Apothecary Table

怒ってんだぞ。

I’m very upset.

2020/02/09

場面説明

ルームメイトでガールフレンドのジャニーンと親友カップルのチャンドラー&モニカ、両者の板挟みに悩むジョーイは、なんとか間を取り持つべく、渋るチャンドラーたちを説き伏せ、再びWデートを敢行する。ジョーイには、それが楽しく和やかにお開きまで進行したかに思えたのだったが・・・

『問いかける系』練習課題

「問いかけ」、「働きかけ」など、話しかける側の表現を中心に練習しよう!

アパートの廊下。ジョーイ&ジャニーンとチャンドラー&モニカの2カップルが歩いて来る。二度目のWデートから帰って来た所。

Joey: あー、すごく楽しかったなあ。皆んなは楽しくなかった?

Janine: Well I did. I really did. And you guys, I’ve got to say, I’m sorry if I was a little weird after the last time we went out. I guess I was just nervous or something.

Chandler: That’s totally understandable.

Monica: Don’t worry about it.

Janine: じゃあ、私たちまた出かけることできる?

Chandler: Oh yeah!

Monica: Absolutely!

Janine: Oh good.

Joey: Oh well then, good night!

Monica: Good night! (They go into their respective apartments.)

ジョーイとジャニーンのアパート。その玄関。二人が中に入って来る。

Joey: ね、どうよ、楽しくなかった?《吹き替え=楽しかったろ》

Janine: [朗らかだった態度をガラッと変え、強い調子でジョーイに訴える]We have got to move!

Monica: [急にドアを開け、チャンドラーと共に飛び込んで来る]I knew it!! Y’know, you’re not so quiet yourself, missy!

Chandler: それにオレがバカだと?モダンダンスを見ることよりもっと退屈な唯一のことはな、お前がそれについて語ってるのを聞かなくちゃならないことだっての。「(ジャニーンのマネをして)あー、チャンドラー、私、瞬間我を忘れちゃうの」

Janine: [応答しかね、一呼吸の間]Y’know, I know you’re talking, but all I hear is, “Blah. Blah. Blah-blah-blah.”

Monica: (一歩前へ出て、ジャニーンを指差し)いいわ、あんたと私、すぐ[外へ]行こうじゃないの!《吹き替え=ああそうかい、サシで勝負だ、表に出な!》

Joey: [モニカとジャニーンの間に割って入り]まあ、まあ、もう良い、もう良い、十分だろ!(チャンドラーとモニカに向かって)君ら二人は帰ってくれ!オレはジャニーンと話さなきゃならない!(チャンドラーとモニカは帰り始める)

Chandler: (To Monica) Y’know I think you can take her.

Monica: (ジャニーンに向かって)願った方が良いわね、私が廊下であんたと出会わないように!(二人は出て行く)《吹き替え=二度とそのツラ見せんじゃねえぞ!》

Joey: ねえ良いかい、ここでオレたちにはちょっとした問題がある。あいつらはオレの友達だ。あいつらをああいう風にあしらうわないでくれない?《吹き替え=オレの友達に対してあの態度はないだろ?》

Janine: They said stuff to me too, y’know!

Joey: I know! I know! And I’m going to talk to them about it. They mean so much to me. They… They’re like my family. If you guys are gonna be fighting all the time, I-I… I don’t think we can be together. It just, it just can’t work. It can’t. (Starts to break up) [声が裏返る]I’m very upset.

Janine: わかった、わかったわよ。もし私が向こうに行って謝ったら、助けになる?[過去形を使う所がポイント]《吹き替え=今から私が謝りに行けば良い?》

Joey: Yeah! Yeah! That would be very helpful! Yeah. (He opens the door for her and she exits into the hallway.)

アパートの廊下。ジャニーンが部屋から出て来る。続いてモニカも出て来て鉢合わせする。モニカはゴミの袋を持っている。

Monica: [噛みつきそうな形相になって]私あなたに何てったっけ?廊下の件で。《吹き替え=おい、ツラ見せんなって言っただろ!》

Janine: [止むを得ないと言った諦め顔で]I was just coming over here to apologize for my behavior! I’d really like it if we could be friends.

Monica: [表情を和らげ]Well, I know that would make Joey happy, so, I would like that too.

Janine: Great.

Monica: Now come on. (They hug like men.[しかし、そっぽを向いている]) Well, I’m glad we worked things out.

Janine: Me too.

Monica: Okay.

Janine: I’ll see you.

Monica: Bye. (Leaves to resume her garbage removal task.)

Janine: (muttering to herself) Or I’ll hear you.《吹き替え=でか声ちゃん》

Monica: (それを聞いて[また喧嘩腰に戻りジャニーンを襲撃])そうだと思ったわ、このでか女(とジャニーンの尻あたりをゴミ袋で殴る) 、かかって来い!

Janine: [一喝するように]Wait! (Janine pauses, then runs down the stairs.)《吹き替え=待って! ※ここは、「見てなさい!」みたいな感じなのかなあ。なぜWait!なのかわからない》

Monica: (彼女を追いながら) 走った方が良いわよ!《吹き替え=逃すもんか!》

二人がいなくなった廊下。ジョーイとチャンドラー二人が、それぞれの部屋から廊下に出て来る

Chandler: 聞いたか?

Joey: ああ、もう、どうすりゃ良いの?

Chandler: Yeah, I’m sorry man. (間)[ケンカを]見に行きたい?

Joey: Yeah! (They head downstairs.)

『応答する系』練習課題

「反応」、「受け答え」など、応答する側の表現を中心に練習しよう!

アパートの廊下。ジョーイ&ジャニーンとチャンドラー&モニカの2カップルが歩いて来る。二度目のWデートから帰って来た所。

Joey: Well, this-this-this was great. Didn’t everybody have a great time?

Janine: ええ、そうね、本当に楽しかった。それから、あなたたちに、私言わなきゃね。この前わたしたち皆んなで出かけた後、私、少し変だったとしたらごめんなさいね。私思うんだけど、ただ緊張してたか何かだったのよ。

Chandler: よく理解できるよ。

Monica: Don’t worry about it.

Janine: So we can go out again?

Chandler: Oh yeah!

Monica: 絶対よ!

Janine: Oh good.

Joey: Oh well then, good night!

Monica: Good night! (They go into their respective apartments.)

ジョーイとジャニーンのアパート。その玄関。二人が中に入って来る。

Joey: See? Eh, wasn’t that fun?

Janine: [朗らかだった態度をガラッと変え、強い調子でジョーイに訴える]私たち引っ越さなきゃ!

Monica: [急にドアを開け、チャンドラーと共に飛び込んで来る]わかってたわ!あんたもそんなに静かじゃないじゃない、お嬢ちゃん!《吹き替え=そう言うと思ってた。あんたも声でかいわよ、お嬢ちゃん!》

Chandler: And I’m blah? Listen, the only thing more boring than watching modern dance is having to listen to you talk about it, (Imitating her) “Oh Chandler, I just lost myself in the moment.”

Janine: [応答しかね、一呼吸の間]あのさ、あなたが喋ってるのはわかるんだけど、私に聞こえてるのは全部、ブラブラブラブラよ《吹き替え=ちょっと、今なんつったの?意味のないことペラペラ言われてわかんなかった》

Monica: (steps up and points at her) All right! You and me! Let’s go! Right now!

Joey: All right! All right! Enough! Enough! Enough!! Enough! (To Chandler and Monica) You two go home! I-I-I gotta talk to Janine! (They start to leave.)

Chandler: [モニカに耳打ちする]オレは思うね、君は彼女を倒せる。《吹き替え=この勝負モニカの勝ちだ》

Monica: (to Janine) You’d better hope I don’t see you in the hallway!! (They exit.)

Joey: All right, uh, we’ve got a little bit of a problem here. These people are my friends; you can’t treat them that way.

Janine: あの人たちも私にああいうこと言ったじゃない!

Joey: わかってる、わかってる、オレから言っとくよ、あいつらに、そのことはさ。[けど]あいつらはさ、オレにとって、とても大事なんだよ(大事な友達なんだ)、あいつらは、家族みたいなものなんだ。もし君らが、ずーっとケンカし続けるんなら、オレたち一緒にいられないよ。まず上手く行かないよ。無理だ。[声が裏返る]怒ってるんだぞ。

Janine: Okay. Okay. Would, would it help if I went over and apologized?

Joey: 良いね、良いね、それはとっても助かるよ!うん。(ジョーイはドアを開けてやる。ジャニーンは廊下に出て行く)

アパートの廊下。ジャニーンが部屋から出て来る。続いてモニカも出て来て鉢合わせする。モニカはゴミの袋を持っている。

Monica: [噛みつきそうな形相になって]What did I tell you about the hall?!

Janine: [止むを得ないと言った諦め顔で]私、謝りに来ただけよ、私の態度のこと。もし、友達になれるんなら、私本当にそうしたい。

Monica: [表情を和らげ]そう、わかるわ、それがジョーイを喜ばせることだって、だから、私もそうしたい。

Janine: 良かった。

Monica: ほら、来て(彼らは男のようにハグする[しかし、そっぽを向いている])。ああ、ほっとした、私たち諸々解決したわね。

Janine: Me too.

Monica: Okay.

Janine: I’ll see you.

Monica: Bye. (Leaves to resume her garbage removal task.)

Janine: (muttering to herself) Or I’ll hear you.

Monica: (hearing that[また喧嘩腰に戻りジャニーンを襲撃]) That’s it big girl! (Hits Janine in the butt with the garbage bag) Come on!

Janine: [一喝するように]Wait! (Janine pauses, then runs down the stairs.)

Monica: (chasing her) You’d better run!

二人がいなくなった廊下。ジョーイとチャンドラー二人が、それぞれの部屋から廊下に出て来る

Chandler: Did you hear that?

Joey: Yeah uh, what am I gonna do?

Chandler: 大変だなあ、お前。 (Pause) You wanna go watch?

Joey: もちろん!(と、二人は階段へと向かう)

Thank you for coming!

FRIENDSを見たのがきっかけで本格的に英会話の練習をするようになりました。FRIENDSを見ながらセリフをリピートする、という練習を、もうかれこれ5年以上続けています。このサイトはseason6を練習している最中に始めたので、season6から始まっていますが、行く行くはseason1~season10とすることを目標にしています。どうぞ宜しくお願いします。

タカユキ

タカユキ…パソコン仕事人 。京都で、編集、DTP等の現場経験後、日本の伝統衣装、小物制作現場で活動。現在、次なる活動フィールドを模索中。メッセージ、ご連絡はこちらからお願いします。

FRIENDS英語のことなら
シットコムで笑え!
海外ドラマ「フレンズ」英語攻略ガイド

をチェック!!

FRIENDSの英語について詳しい解説が欲しくなったら是非上記サイトをチェックしてみてください。season1からseason10まで、その英語について細かく丁寧に解説されています。長年かけて蓄積された圧倒的情報量が、きっとあなたの英語の練習の役に立ちます!

京都で英会話スクールに行くなら
English Buffet(イングリッシュバフェ)がお勧め!!

私も通っています。English Buffetという名称が表す通り、バイキング料理みたいな方式の英会話スクールです。ユニークなクラスが色々開設されていて、その時の能力や興味に応じて、自分で好きなようにメニューを組み立て、受講できます。英語を教える事が楽しくて仕方ない先生たちが、とても誠実に運営されていて、間違いなくお勧めの英会話スクールです。