FRIENDSを使った英会話練習課題集

FRIENDSを使って英語を話す練習をしよう!

『FRIENDS』(フレンズ)は、アメリカで1994年から2004年にかけて放送された大ヒットテレビドラマです。

練習方法

  • ①場面説明を読んで状況をイメージ(作品を見ておく方がもっと良い!)
  • ②課題のセリフ部を音読。日本語部分は、文脈に沿った自然な英語に瞬間英作文し、言ってみる。実際のスクリプトとピッタリ同じにならなくても気にしない!
  • ③同じスクリプトで、『問いかける系』と『応答する系』の2通り練習!
  • ④『問いかける系』、『応答する系』どちらかに実際の英語スクリプトが書いてあるので自分が作ったセリフと照らし合わせて違いを確かめて、学習を深める。

☆日本語部分は多少不自然な所があります。できるだけ英語の単語や語順のままになるようにしてあります。
☆課題のカテゴリ名『season〜』、『The One〜』やスクリプト中のフレーズなどをGoogle検索してみてください。該当の場面がYouTubeで見られる場合があります。

season6

The One That Could Have Been

どんだけホットなんだっつうの!

How hot is this?!

2021/12/04

場面説明

妻キャロルとの間の"レス"を解決すべく、フィービーからアドバイスされたショック療法"3P"を、ロスは彼女に恐る恐る提案して見た。すると何と!彼女は大喜びの大興奮でその案に飛び付き、早速"仲間"になってくれそうな友達リストを作りあげる。その長ーいリストを彼女から見せられたロス。全くもって何故、それほどまでに彼女がノリノリなのか訳がわからないのだが…トントン拍子でことは運び、いよいよその本番の時がやって来た。そして…。

『問いかける系』練習課題

「問いかけ」、「働きかけ」など、話しかける側の表現を中心に練習しよう!

ロスのアパート。そのリビングのカウチにロスと、その妻キャロルが並んで座っている。2人ともソワソワしている。

Ross: 僕たち本当にこれをするんだね?

Carol: Looks like it.

Ross: ね、もし、もしね、これは君にとって変すぎるって言うなら、僕たちまだ取り消すことができる…(ドアノックがロスを中断させる)

Carol: (jumping up to get it) I got it!

Ross: [唖然と]Okay.

Carol: (opening the door) Susan! Hi![とスーザンを迎え、ハグしに行く]

Susan: Hey! [キャロルをハグ。まるで恋人と、そうするように]

Carol: Thank you so much for coming.[ハグを解くが、まだ両手を握っている]

Susan: Oh, I wouldn’t miss it for the world.

Carol and Susan: (They start moving towards the bedroom, never taking their eyes off each other. They move past Ross and stop.)

Ross: あ、ところで、僕はロス。

Susan: (not taking her eyes off Carol) Hello Ross. (Takes off her coat and hands it to him.) I love what you’ve done with this space.

Carol: Thank you so much.

Carol and Susan: (They disappear into the bedroom leaving Ross standing in the living room holding Susan’s coat.)

Ross: How hot is this?!

『応答する系』練習課題

「反応」、「受け答え」など、応答する側の表現を中心に練習しよう!

ロスのアパート。そのリビングのカウチにロスと、その妻キャロルが並んで座っている。2人ともソワソワしている。

Ross: We’re really gonna do this, huh?

Carol: そのようね。

Ross: Y’know, if, if this is too weird for you, we can still back out at… (A knock on the door interrupts him.)

Carol: [カウチから飛び上がるように立ち上がり]私が出る![と、脱兎のごとく入口へ向かう]

Ross: [唖然と]オーケー。

Carol: (ドアを開け)スーザン、ハーイ![とスーザンを迎え、ハグしに行く]

Susan: ヘーイ。[キャロルをハグ。まるで恋人と、そうするように]

Carol: 来てくれて本当にありがとう。[ハグを解くが、まだ両手を握っている]

Susan: こんなチャンス絶対逃せないわ。

Carol and Susan: (2人は、ベッドルームへと進む。決して互いに目を離さない[手も繋いだままだ]。2人は、ロスの前へ来ると一旦立ち止まり…)

Ross: I’m-I’m Ross by the way.

Susan: (キャロルからは目を離さないまま[ロスには一瞥もくれず]、ロスに)どうも。(と、告げるなり、ジャンパーを脱ぎ、それをロスに渡す)。([またベッドルームへと進み始め]キャロルに)とっても素敵なお部屋ね。

Carol: どうもありがとう。

Carol and Susan: (2人はベッドルームへと消えていく。リビングで、スーザンのジャケットを持ったまま、[圧倒され]突っ立っているロスを後に)

Ross: [ドギマギしつつ]どんだけホットなんだっつうの!

Thank you for coming!

FRIENDSを見たのがきっかけで本格的に英会話の練習をするようになりました。FRIENDSを見ながらセリフをリピートする、という練習を、もうかれこれ5年以上続けています。このサイトはseason6を練習している最中に始めたので、season6から始まっていますが、行く行くはseason1~season10とすることを目標にしています。どうぞ宜しくお願いします。

タカユキ

タカユキ…パソコン仕事人 。京都で、編集、DTP等の現場経験後、日本の伝統衣装、小物制作現場で活動。現在、次なる活動フィールドを模索中。メッセージ、ご連絡はこちらからお願いします。

英語つぶやき《お題》集
英語つぶやきマラソン"英語で応答せよ!"

「英語つぶやき」は英会話力UPに良く効くらしい。 それじゃあ、スキマ時間を見つけては、英語をつぶやこう!と言うわけで、「英語つぶやき《お題》集」を作っておくことにしました。見れば自動的につぶやきが湧いて来るはず。これを使って毎日英語をつぶやき続けてみようと思います。名付けて「英語つぶやきマラソン」。あなたも一緒にやりませんか?

FRIENDS英語のことなら
シットコムで笑え!
海外ドラマ「フレンズ」英語攻略ガイド

をチェック!!

FRIENDSの英語について詳しい解説が欲しくなったら是非上記サイトをチェックしてみてください。season1からseason10まで、その英語について細かく丁寧に解説されています。長年かけて蓄積された圧倒的情報量が、きっとあなたの英語の練習の役に立ちます!

京都で英会話スクールに行くなら
English Buffet(イングリッシュバフェ)がお勧め!!

私も通っています。English Buffetという名称が表す通り、バイキング料理みたいな方式の英会話スクールです。ユニークなクラスが色々開設されていて、その時の能力や興味に応じて、自分で好きなようにメニューを組み立て、受講できます。英語を教える事が楽しくて仕方ない先生たちが、とても誠実に運営されていて、間違いなくお勧めの英会話スクールです。