FRIENDSを使った英会話練習課題集

FRIENDSを使って英語を話す練習をしよう!

『FRIENDS』(フレンズ)は、アメリカで1994年から2004年にかけて放送された大ヒットテレビドラマです。

練習方法

  • ①場面説明を読んで状況をイメージ(作品を見ておく方がもっと良い!)
  • ②課題のセリフ部を音読。日本語部分は、文脈に沿った自然な英語に瞬間英作文し、言ってみる。実際のスクリプトとピッタリ同じにならなくても気にしない!
  • ③同じスクリプトで、『問いかける系』と『応答する系』の2通り練習!
  • ④『問いかける系』、『応答する系』どちらかに実際の英語スクリプトが書いてあるので自分が作ったセリフと照らし合わせて違いを確かめて、学習を深める。

☆日本語部分は多少不自然な所があります。できるだけ英語の単語や語順のままになるようにしてあります。
☆課題のカテゴリ名『season〜』、『The One〜』やスクリプト中のフレーズなどをGoogle検索してみてください。該当の場面がYouTubeで見られる場合があります。

season6

The One That Could Have Been

オレのアシスタントになれよ!

Joey just hired Chandler to be his assistant!

2021/05/23

場面説明

なかなか売れないフリーライターのチャンドラーは、雑誌社に原稿を持ち込んでは没にされるという日々を送っていた。その生活は、安定収入がなく、極貧だ。一方、ジョーイはというと、彼は相変わらず、昼メロ「愛の病院日誌」でレギュラーキャラクターを張っており、すこぶる羽振りが良い。ロスの妹モニカは…彼女は十代の頃からパンパンに太ったままで(トトロのような体型)、今、地味ーなおじさんドクターと交際中。そして話は、モニカ、モニカのボーイフレンド、ジョーイが、いつものコーヒーハウス「セントラルパーク」で寛いでいる所に、チャンドラーが、またもやボツを食らって凹んでやってくる所から始まる。

『問いかける系』練習課題

「問いかけ」、「働きかけ」など、話しかける側の表現を中心に練習しよう!

いつものコーヒーハウス、セントラルパーク。そのいつものカウチに、ジョーイ、極太モニカ(超太っている)、彼女のボーイフレンド、が居る。ボーイフレンドは、席を立ち、カウンターの方へ飲み物を取りに行く。

Joey: [モニカのボーイフレンドの様子を見つつ]で、モニカ、まだ退屈先生(Dr. Boring)と付き合ってるんだ。

Monica: He’s not boring! He’s just-he’s just low key.

Monica’s Boyfriend: [カウンターから飲み物を持ってこちらに戻り]はい、ヘーゼルナッツラテ。(と、それをモニカに手渡し、座る)

Monica: Thanks.

Monica’s Boyfriend: 知ってる?ヘーゼルナッツってね、ナッツじゃないんだよ。種なんだ。

Joey: (not impressed) Wow!!

Monica’s Boyfriend: じゃあ他に、ナッツだと思われてる有名な種をわかる?

Joey: Oh dear God, let me think. (Starts to sarcastically think about it.)

Chandler: (店に入って来る。凹んだ様子)ヘーイ。

Joey: Hey.

Monica: あらら、どうかしたの?

Chandler: Oh I just got another rejection letter. They said my writing was funny, just not “Archie Comic funny.”

Monica’s Boyfriend: あ、ねえ、病院に戻らなきゃ。

Monica: Okay.

Monica’s Boyfriend: (モニカにキスして)さて。

Monica: Bye.

Monica’s Boyfriend: バイバイ(と、ソファから立ち上がりつつ)ああ、ところで、さっきの答えはね、ブラジルナッツ(と、言って出ていく)。

Chandler: そのクイズってアイツより退屈なもんだった?

Joey: なあ、そのアーチなんとかだけど、残念だったなあ、オレが必要か?いくらか援助しようか?

Chandler: Hey, I may have no money, but I still have my pride.

Joey: ホント?

Chandler: Ehh.

Monica: ねえねえ、ジョーイがお金を渡さなくても良いじゃない。TVスターってアシスタントがいるでしょ?

Joey: そうか!(チャンドラーに)なあ、オレがアシスタントを雇えば、お前はそいつから金を受け取れるじゃん。

Monica: 違うわよ、ジョーイ!チャンドラーがあなたのアシスタントになれるじゃない!ほら、彼がファンレターや何かの返事を全部書くことだってできるでしょ。

Joey: 良いじゃん!それ良いよ!そうしようぜ!

Chandler: I could use the money; it could give me time to write.

Joey: よっしゃ、ようこそ!![と言って、チャンドラーと握手する。]

Chandler: Okay!

Joey: よし、じゃ、オレはトイレに行く。そこではアシスタントは必要ないので、休め!

Chandler: All right!

『応答する系』練習課題

「反応」、「受け答え」など、応答する側の表現を中心に練習しよう!

いつものコーヒーハウス、セントラルパーク。そのいつものカウチに、ジョーイ、極太モニカ(超太っている)、彼女のボーイフレンド、が居る。ボーイフレンドは、席を立ち、カウンターの方へ飲み物を取りに行く。

Joey: So Monica, still going out with Dr. Boring huh?

Monica: 彼は退屈じゃないわ!地味なだけ。

Monica’s Boyfriend: (returning) Here we go, one Hazelnut Latte. (Hands it to Monica and sits down.)

Monica: ありがと。

Monica’s Boyfriend: Yeah. Y’know, the hazelnut actually not a nut, it’s a seed.

Joey: (面白くなさそうに)ワーオ

Monica’s Boyfriend: Can anyone else name a well known seed that’s been masquerading as a nut?

Joey: あー、参ったなあ、考えさせて。[と、それについて考えるポーズをする]

Chandler: (entering, depressed) Hey.

Joey: オウ。

Monica: Oh no! What’s the matter?

Chandler: また不採用の通知をもらったんだ。オレが書いてることは可笑しいけど、”アーチーコミック的面白さ”じゃないんだとさ。

Monica’s Boyfriend: Y’know what honey? I got to get back to the hospital.

Monica: そう。

Monica’s Boyfriend: (kisses her) Okay.

Monica: バイ。

Monica’s Boyfriend: Bye-bye. (Gets up to leave.) Oh uh, by the way, the answer is, the Brazil nut. (Exits.)

Chandler: Was his question what’s more boring than him?

Joey: Hey man, look sorry about that Archie thing. Do uh, do you need me to give you some money?

Chandler: あのな、オレは金はないかもしれないけどさ、まだプライドはあるんだ。

Joey: Really?

Chandler: あ〜。

Monica: Maybe Joey doesn’t have to give you the money, TV stars have assistants right?

Joey: That’s an idea! (To Chandler) Hey, if I hired an assistant, would-would you take money from her?

Monica: No Joey! Chandler could be your assistant! See, he could answer all of your fan mail and stuff!

Joey: That’s great! That would be great! Let’s do that!

Chandler: 金が入れば、書く時間もできるなあ。

Joey: Oh right great! Welcome aboard!

Chandler: OK!

Joey: All right! Now hey, I need to use the bathroom. Since I don’t need any assistance in there, take a break!

Chandler: はいよっ!!

Thank you for coming!

FRIENDSを見たのがきっかけで本格的に英会話の練習をするようになりました。FRIENDSを見ながらセリフをリピートする、という練習を、もうかれこれ5年以上続けています。このサイトはseason6を練習している最中に始めたので、season6から始まっていますが、行く行くはseason1~season10とすることを目標にしています。どうぞ宜しくお願いします。

タカユキ

タカユキ…パソコン仕事人 。京都で、編集、DTP等の現場経験後、日本の伝統衣装、小物制作現場で活動。現在、次なる活動フィールドを模索中。メッセージ、ご連絡はこちらからお願いします。

英語つぶやき《お題》集
英語つぶやきマラソン"英語で応答せよ!"

「英語つぶやき」は英会話力UPに良く効くらしい。 それじゃあ、スキマ時間を見つけては、英語をつぶやこう!と言うわけで、「英語つぶやき《お題》集」を作っておくことにしました。見れば自動的につぶやきが湧いて来るはず。これを使って毎日英語をつぶやき続けてみようと思います。名付けて「英語つぶやきマラソン」。あなたも一緒にやりませんか?

FRIENDS英語のことなら
シットコムで笑え!
海外ドラマ「フレンズ」英語攻略ガイド

をチェック!!

FRIENDSの英語について詳しい解説が欲しくなったら是非上記サイトをチェックしてみてください。season1からseason10まで、その英語について細かく丁寧に解説されています。長年かけて蓄積された圧倒的情報量が、きっとあなたの英語の練習の役に立ちます!

京都で英会話スクールに行くなら
English Buffet(イングリッシュバフェ)がお勧め!!

私も通っています。English Buffetという名称が表す通り、バイキング料理みたいな方式の英会話スクールです。ユニークなクラスが色々開設されていて、その時の能力や興味に応じて、自分で好きなようにメニューを組み立て、受講できます。英語を教える事が楽しくて仕方ない先生たちが、とても誠実に運営されていて、間違いなくお勧めの英会話スクールです。