FRIENDSを使った英会話練習課題集

FRIENDSを使って英語を話す練習をしよう!

『FRIENDS』(フレンズ)は、アメリカで1994年から2004年にかけて放送された大ヒットテレビドラマです。

練習方法

  • ①場面説明を読んで状況をイメージ(作品を見ておく方がもっと良い!)
  • ②課題のセリフ部を音読。日本語部分は、文脈に沿った自然な英語に瞬間英作文し、言ってみる。実際のスクリプトとピッタリ同じにならなくても気にしない!
  • ③同じスクリプトで、『問いかける系』と『応答する系』の2通り練習!
  • ④『問いかける系』、『応答する系』どちらかに実際の英語スクリプトが書いてあるので自分が作ったセリフと照らし合わせて違いを確かめて、学習を深める。

☆日本語部分は多少不自然な所があります。できるだけ英語の単語や語順のままになるようにしてあります。
☆課題のカテゴリ名『season〜』、『The One〜』やスクリプト中のフレーズなどをGoogle検索してみてください。該当の場面がYouTubeで見られる場合があります。

season6

The One That Could Have Been

煙が私から出てるのよ!副作用なの!

The smoke is coming out of me!

2021/09/25

場面説明

大手証券会社でやり手のディーラーとして活躍していたフィービーは、ある失敗を犯し大損害を出してしまったことから、ショックで心筋梗塞を起こしてしまい、病院に入院していた。ところが、ちょっと不良なフィービー、大人しく療養するようなタマではない。モニカを始め親友たちは、そんな彼女に手を焼いていた。

『問いかける系』練習課題

「問いかけ」、「働きかけ」など、話しかける側の表現を中心に練習しよう!

フィービーが入院している病院の病室。ロスとモニカが見舞いに来ている。フィービーはトイレの中にいる。するとトイレの扉の下から煙が出てくる。モニカがそれに気づく。

Monica: [トイレの中のフィービーに]フィービー、どうしてトイレの中から煙が出てくるの?

Phoebe: Oh yeah, the doctor said that could be one of the side effects.

Monica: フィービー、タバコを消しなさい!

Phoebe: No! It’s not a cigarette! The smoke is coming out of me!

Monica: 消しなさい!

Phoebe: Okay! Okay! (Puts it out and comes out of the bathroom.) I’m so glad you’re here.

Ross: ほら、寝て。(フィービーがベットに入るのを手伝っているとフィービーの電話が鳴る)あ、僕が出る。

Phoebe: かして!

Ross: 僕が出るってば!

Phoebe: かして!

Ross: (He does a kara-tay move to silence her, then answers the phone.)

Ross: (on the phone) Hello? (Listens.) No she can’t come to the phone right now. (Listens.) Oh, right no problem. Okay, bye-bye. (Hangs up.)

Phoebe: 会社?みんな怒ってる?ジャックだった?彼、怒ってた?!

Ross: まあ、落ち着いて。誰も怒ってないよ。ジャックはただ電話してきただけだよ、君が回復しているかどうか確かめようとしてね。

Phoebe: Thank God.

Ross:(モニカに[囁く])彼女は首[だって]。

『応答する系』練習課題

「反応」、「受け答え」など、応答する側の表現を中心に練習しよう!

フィービーが入院している病院の病室。ロスとモニカが見舞いに来ている。フィービーはトイレの中にいる。するとトイレの扉の下から煙が出てくる。モニカがそれに気づく。

Monica: Phoebe, why is smoke coming out of the bathroom?!

Phoebe: あーこれね、先生が言ってた、それが副作用( side effect)の一つになり得るって。

Monica: Phoebe! Put that cigarette out!

Phoebe: 違うってば、タバコじゃないの。煙が私から出てるの!

Monica: Put it out!!

Phoebe: わかったわよ!([タバコの]火を消し、トイレから出てくる)あなたがここにいてくれてよかったわ。[吹き替え=お見舞いありがと]

Ross: Come on. (Helps her into bed as her phone rings.) I got it.

Phoebe: Oh, give it to me.

Ross: I got it!

Phoebe: Give it!

Ross: ([変な声と共に気合いを発しつつ手を差し出して]フィービーを制すと、電話に出る。)

Ross: (電話に)もしもし。(電話を聞く間)…いえ、彼女今電話に出られないんです。(電話を聞く間)…ええ、はい、お安い御用ですよ。わかりました、じゃ、どうも。

Phoebe: Was it my work? Were they mad? Was it Jack? Did he yell?!

Ross: J-j-just relax, nobody yelled. Jack just was calling to make sure that you were getting better.

Phoebe: そう、よかった。

Ross: (To Monica) Yeah, she’s fired.

Thank you for coming!

FRIENDSを見たのがきっかけで本格的に英会話の練習をするようになりました。FRIENDSを見ながらセリフをリピートする、という練習を、もうかれこれ5年以上続けています。このサイトはseason6を練習している最中に始めたので、season6から始まっていますが、行く行くはseason1~season10とすることを目標にしています。どうぞ宜しくお願いします。

タカユキ

タカユキ…パソコン仕事人 。京都で、編集、DTP等の現場経験後、日本の伝統衣装、小物制作現場で活動。現在、次なる活動フィールドを模索中。メッセージ、ご連絡はこちらからお願いします。

英語つぶやき《お題》集
英語つぶやきマラソン"英語で応答せよ!"

「英語つぶやき」は英会話力UPに良く効くらしい。 それじゃあ、スキマ時間を見つけては、英語をつぶやこう!と言うわけで、「英語つぶやき《お題》集」を作っておくことにしました。見れば自動的につぶやきが湧いて来るはず。これを使って毎日英語をつぶやき続けてみようと思います。名付けて「英語つぶやきマラソン」。あなたも一緒にやりませんか?

FRIENDS英語のことなら
シットコムで笑え!
海外ドラマ「フレンズ」英語攻略ガイド

をチェック!!

FRIENDSの英語について詳しい解説が欲しくなったら是非上記サイトをチェックしてみてください。season1からseason10まで、その英語について細かく丁寧に解説されています。長年かけて蓄積された圧倒的情報量が、きっとあなたの英語の練習の役に立ちます!

京都で英会話スクールに行くなら
English Buffet(イングリッシュバフェ)がお勧め!!

私も通っています。English Buffetという名称が表す通り、バイキング料理みたいな方式の英会話スクールです。ユニークなクラスが色々開設されていて、その時の能力や興味に応じて、自分で好きなようにメニューを組み立て、受講できます。英語を教える事が楽しくて仕方ない先生たちが、とても誠実に運営されていて、間違いなくお勧めの英会話スクールです。